忌服の祓い(令和4年8月21日)

この記事は約1分で読めます。
忌服の祓い
忌服の祓い

 「忌服の祓い(きぶくのはらい)」は、身内に不幸があった方が神事に参加する場合に身を清めるお祓いです。五十日(仏でいう四十九日)が過ぎて、喪があけた方が対象です。

 本年も例祭に先立ち、8月21日の午後3時より行いました。

 令和4年の「見付天神裸祭」については、下記のリンクをご覧下さい。

タイトルとURLをコピーしました