見付天神屋根葺き替え事業 ご協賛のお願い

この記事は約2分で読めます。
拝殿 完成予想図
屋根葺き替え工事 完成予想図

御奉賛のお願い

時下、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

常日頃より、見付天神 矢奈比賣神社に崇敬の念をお寄せいただき厚く御礼申し上げます。

 さて、当神社 御本殿は江戸時代に建立された物であり、昭和48年に屋根の修復を行いました。また、拝殿は昭和8年に建立され、90年弱の歳月が経過しております。

 銅板の寿命は50年程度といわれますが、御本殿・拝殿ともに大東亜戦争による被災および経年劣化により損傷が甚だしい状況にあります。屋根の至る所で銅板が損傷しているため、屋根材が腐食し、雨漏りも激しく、屋根裏にバケツを多数入れて対策をしている次第です。

 以上のことから、早急に修理が必要であると判断し、屋根の葺き替えを計画いたしました。おりしも改元にあたり、令和の御代を言祝ぎ、改元記念事業として取り組むこととなりました。

 総事業費は1億円となります。見付氏子・崇敬者の方々に、令和元年より3カ年計画で奉賛金のご協力をお願いしておりますが、地元企業・関係各社の皆様にもご協力をお願いしているところです。

 コロナ禍により、先の見えない状況で、厳しいことと存じますが、私たちの世代だけでなく、次の世代へ子々孫々と日本の伝統文化・神社の大切さ・国指定無形民俗文化財である「見付天神裸祭」の継承のため、絶大なるご協力をお願い申し上げます。

見付天神屋根修復事業 計画

令和元年8月14日第一次奉賛金募集開始
9月御奉賛募集看板設置
10月第1次銅板奉納受付開始
令和2年8月第二次奉賛金募集開始
令和3年1月15日工事安全祈願祭 齋行
1月18日拝殿屋根葺き替え工事開始
5月31日第1次銅板奉納受付終了
6月企業協賛依頼開始
7月末日拝殿屋根葺き替え工事完了
8月第三次奉賛金募集開始(予定)
第2次銅板奉納受付開始(予定)
令和4年3月御本殿屋根修復工事開始(予定)
4月第2次銅板奉納受付終了(予定)
6月御本殿屋根葺き替え工事完了(予定)
9月事業完遂奉告祭 齋行

見付天神屋根葺き替え事業 振込み先

遠州中央農業協同組合 見付支店

普通口座 №0053625 宗)矢奈比売神社 代表役員 宮司 久野 隆

見付天神屋根葺き替え事業 連絡先

  • 〒438-0086
  • 静岡県磐田市見付1114-2
  • 見付天神 矢奈比賣神社(みつけてんじん やなひめじんじゃ)
  • 電話 0538-32-5298
  • FAX 0538-36-8117
タイトルとURLをコピーしました