夏越しの大祓い

この記事は約2分で読めます。
茅の輪くぐり
茅の輪くぐり

 ここでは、見付天神 矢奈比賣神社で行っている「夏越しの大祓い(なごしのおおはらい)」について記述しています。

夏越しの大祓いとは

茅の輪
茅の輪

 見付天神 矢奈比賣神社では、「夏越の大祓い(なごしのおおはらい)」を、毎年6月30日の夜19時30分より行っています。

 「夏越しの大祓い」とは、私たちが日頃なにげなく犯した過ちや受けた穢れを、祓い清める儀式です。

 特に暑い夏をむかえようとする日本では、人々が病気や怪我をしないようにとの願いも込めて、昔から行われてきました。

 身に付いた罪やけがれを「形代(かたしろ)」に託して、茅の輪をくぐり、心身を清めましょう。

茅の輪くぐり

茅野輪くぐり
茅野輪くぐり 令和3年

 6月30日の夜19時30分より行う「夏越の大祓い」は、どなたでも参列することができます。

 見付天神の祓所にて、大祓式(おおはらいしき)をおこない、葦で作った祓い串にて、ご自身を祓っていただいた後、参列者全員で「茅の輪くぐり」を行います。

 茅の輪は、6月16日頃に設置する予定ですので、事前にくぐってお参りすることも可能です。

 なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスクの着用と手指の消毒にご協力下さい。また、発熱など体調のすぐれない方は参拝をご遠慮いただくようお願いします。

 また、予告なく行事を変更もしくは中止する場合もございます。

形代(かたしろ)について

大祓 形代

 形代(かたしろ)には「人形」と「車形」があります。

 人形(ひとがた)……ご家族の氏名・年令を記入して、よく息を吹きかけてください。
           枚数が不足の場合は、各ご家庭でご用意下さい。
 車形(くるまがた)…車種・ナンバーを記入して、ハンドルを軽くぬぐって下さい。
           バイクや自転車なども大丈夫です。

夏越しの大祓い 申込方法

茅の輪くぐり
茅の輪くぐり
受付期間5月20日~6月20日頃
受付時間午前9時~午後16時頃
申込方法 社頭で直接、もしくは郵送等でお申し込みください。
 例年お申し込みになっている方は、神社からご案内が届きます。内容をご確認の上、返信をお願いします。
 ご不明な点につきましては、社務所までお問い合わせください。
申込場所矢奈比賣神社社務所
〒438-0086 磐田市見付1114-2
電話     0538-32-5298
ファックス  0538-36-8117
タイトルとURLをコピーしました